事業主の労災

事業主の労災

労働保険事務組合制度とは

労働保険事務組合制度とは

中小企業の事業主団体が、その構成員である事業主等の委託を受けて、事業主に代わって労働保険料の申告・納付その他労働保険に関する各種の届出等の事務手続を行うことにより、中小事業主の事務処理の負担を軽減し、労働保険の適用促進及び労働保険料の適正な徴収を図る制度です。

​メリット

労働保険に関する各種書類の作成や手続きを事業主に代わって処理しますので、事務の手間が省けます!

 
 
特別加入制度

特別加入制度

労災保険に加入することができない事業主、自営業者、家事従事者その他「労働者」でない方にも、その業務の実情に応じ特別に労災保険に加入することができます。

​メリット

仕事中や通勤途中におきたケガや病気に対して、給付を受けることができるようになります。